阪神淡路大震災から25年に想うこと

【阪神淡路大震災慰霊】

芦屋市の津知公園で行われました。

最も被害の大きかった地域です。

2020年1月17日

国内の大都市における未曾有の災害であった阪神淡路大震災から、25年が過ぎました。

5時46分の出来事でした。

生まれて初めて体験をしたあの経験は絶対に忘れてはならないと今年も心に誓いました。

毎年参加者が少なくなり、風化しそうになる慰霊を続けていく事が使命と感じます。

25年前は、宝塚市の小学校に勤務していて、勤め先は避難所になりました。

その時、無我夢中でやったボランティア。
走馬灯のように蘇ります。

メイクセラピー に目覚めたきっかけでした。

その後も各地を様々な災害が襲い、多くの命が奪われたり、生活が壊される事態が後を絶ちません。

昨年(2019年)も、

熊本大地震をはじめ、北海道、宮崎、千葉、山形、福島と、全国各地が大きな地震にみまわれました。

8月、9月、10月は、大型台風が各地を襲い、復興や生活再建の途上にある人たちが、今も多数おられます。

そうした方々が一日も早く生活を取り戻されることを、心から願ってやみません。

〜美容を通じて心を元気にし、共に明かるい社会を創ります〜

☆。・。。○。。☆。・。。○。○。☆。・☆。・

アピアランス=外見、セラピー=内面

お気軽にお問い合わせください
【一般社団法人日本アピアランスセラピー協会】
℡090-2285-0766

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です